不動産を知ることで日本の未来が見える

毎年秋に実施される宅建の試験は、全国各地で約18万人が受験する人気の資格です。
不動産関連資格の登竜門で、持っていると色々なところへの就職に有利になると言われています。
専門の不動産はもちろんですが、銀行等の金融機関や保険会社です。
勤務することで特別手当てが付きますし、チャレンジする価値はあるのではないでしょうか。
現在の日本の不動産市場を見渡すと、新規分譲マンションの売れ行きが好調をキープしています。
高層階から売れているようで、バブルの再来とも言われています。
東京オリンピックの特需という考え方もありますが、景気は順調に回復していると言えるのではないでしょうか。
マイホームを手に入れることは、多くの方にとって夢ではないでしょうか。
中古物件も多く出ていますし、色々な物件を見て回ると知識も増すのではないでしょうか。
不動産を深く勉強することで、日本の将来像も見えてくるのではないでしょうか。
スキルアップにも繋がるはずです。